公益財団法人 豊田市文化振興財団  
HOME サイトマップ

HOME > 活動報告トップ > 活動内容紹介
活動報告

自律化プロジェクト『秘密基地でサバイバル』

『パパフェスinとよた』大成功!!

2019年6月1日・2日・

16日

 自律化戦略プロジェクトは、財団職員の有志が集まり、財団の課題や挑戦すべきことについて自主的に考察・企画・運営する組織です。今回は、財団の課題は何かをテーマに多くの職員から意見を聴取し、若い男性の施設利用が少ないことが共通の悩みであることがわかりました。財団は40を超える施設の運営を行っていますが、各施設の業務内容の多様さから、施設間を横に繋いだ事業を実施した例がありませんでした。そこで、プロジェクトで有志を募り、2チームに分けて2事業を実施することとなりました。2年におよぶ話し合いの中で、各職員は自身が築いてきたネットワークや経験、施設の特徴を考慮してプログラム内容を練り上げていきました。多様な業務内容なだけあって、様々な意見やネットワークなどが紹介され、これこそ財団の強みであり、市民のみなさまにご提供できるサービスであると気づきました。

 そこで作りあげたのが、防災をテーマに学びながら楽しんで自然活動体験ができる『秘密基地でサバイバル』(参加人数47名)、来館の機会が少ない父親の参加向上と、事業を通じて父親へ感謝を伝えることで家族の絆を深める『パパフェス』(参加人数2,000人)でした。2事業とも無事に実施することができ、さらにアンケートなどから高い評価を得ることができました。今後は、実施内容を検証し、さらに財団の強みを活かした市民サービスができるよう、日頃の業務に取り組んでまいります。

秘密基地づくりの様子

パパチャレンジの様子

戻る

footer