公益財団法人 豊田市文化振興財団  
HOME サイトマップ

HOME > 理事長あいさつ
理事長あいさつ

公益財団法人 豊田市文化振興財団 理事長
大山 輝美

 当財団は公益財団法人として、豊田市における文化及び芸術の振興、青少年の健全な育成の推進及び生涯学習の推進に関する事業を行い、もって創造性豊かで潤いと活力に満ちた市民生活の実現に寄与することを目的としております。

 平成29年度は、当財団が新たに掲げる「第2次公益経営戦略ビジョン」に示した取り組みの初年度となります。このビジョンは、同じく平成29年度を初年度とする第8次豊田市総合計画において市が目指す新たなまちづくりと方向性を合わせたものとし、まちづくりのベストパートナーとして「子どもから高齢者までがいきいきと活躍する中で、学び合い、育ち合い、助け合うつながりをもち、暮らしを楽しんでいる」状態を目指して策定しています。

 文化、芸術面においてはその力を活用した人づくり、まちづくりへの取組。青少年育成の面では子どもたちの様々な体験機会の創出や若者のまちづくりへの参画。生涯学習の面では学習を基礎とした更なる活躍を支援する仕組みの構築。新ビジョンではこれらの課題への対応を示すとともに、私ども財団は3つの分野の事業の連係により、さらに効果を高めることができることを強みとして、豊田市の目指すまちづくりに貢献できる存在でなければならないと考えています。

 さて、最近の経済状況は多少の改善傾向はみられるものの引き続き厳しい情勢となることを想定せざるを得ず、事業運営においても今まで以上に経営感覚を持って取り組まなくてはなりません。平成29年度は以下に掲げる基本方針に基づき、豊田市が掲げる「つながる つくる 暮らし楽しむまち・とよた」の実現にむけて役職員一丸となって公益の担い手としての責任を果たすべく、努力を重ねてまいります。

 市民の皆様、関係団体の皆様には、引続いてのご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 


footer